芸妓の仕事 芸妓の仕事について紹介します

芸妓のお仕事とは、お客様のお座敷にお邪魔して、お酌をしたり芸を披露したりしてお座敷を盛り上げるのが芸妓の役目です。2つと同じお座敷はありませんので、お座敷の雰囲気をうまく感じ取って、いかにお座敷を盛り上げていくかが芸妓の腕の見せ所となります。芸妓は普段からお稽古を積んで、お座敷では踊り(日本舞踊)、笛、太鼓、三味線、歌(長唄、清元、常磐津)などをお客様にご披露します。

お座敷での仕事は午後6時ごろから始まり午後11時ごろ終わることが多いですが、お客様のご要望によっては時刻は前後する場合もあります。お座敷に出るための支度はだいたい2時間ぐらい前から始めます(美容院、お化粧、着付け)。

アルバイト芸妓(かもめさん)の仕事

お稽古はしていませんので芸を披露することはありませんが、お座敷にお邪魔してお酌をするなどして、芸妓のお姐さん方の補佐をしながら一緒にお座敷を盛り上げていくことがお仕事となります。