よくある質問 よくある質問と回答をまとめました

芸妓及び芸妓の仕事について

芸妓と芸者や芸子はどうちがうのですか?
呼び方が違うだけで全く同じです。

京都に舞妓さんが居ますが、東京の花街には居ないのですか?
東京の花街にも「半玉(はんぎょく)」と呼ばれる舞妓さんのように飾った女性がいます。

お客様との個人的なお付き合いもあるのでしょうか?
お座敷を離れたお客様とのお付き合いは芸妓本人の意思によるもので自由です。お客様に個人的に誘われた場合などは、置屋や料亭のおかみさんに一言お伝えしておくのが礼儀かもしれませんね。

職業としての芸妓について

芸妓に定年はありますか?
ありません。何歳になっても仕事は続けられます。

人気がある芸妓とはどんな芸妓ですか?
芸を持っていてお客様に愛される人柄を備えた芸妓でしょう。

お給料は完全歩合性のようですが、毎日お座敷はあるのですか?
お座敷は毎日あります。毎日真面目にお勤めすれば1ヶ月で大卒の初任給を超えるお金になるでしょう。

お給料以外の収入もあるのでしょうか?
お客様によってはご祝儀をいただける場合もあります。

芸妓以外に副業をしてもいいですか?
芸妓は置屋の社員ではなく個人事業主ですから、芸妓の仕事以外に関しては置屋の関知するところではありません。真剣に芸妓の道を究めようとするならば、お稽古やら身支度で忙しくて、副業はかなりの負担かもしれませんね。

向島で芸妓をやるには向島界隈に住まなければ駄目ですか?
絶対に向島に住まなければいけないということはありません。電車で通ってこられる芸妓さんもおられます。真剣に向島で芸妓を続けるつもりならば、通う時間や手間が無い向島界隈に住まれることをお勧めします。

芸妓になるために

私は日本舞踊や三味線などの芸事は何もできません。それでも芸妓になれますか?
芸事は芸妓になってからお稽古して身につければ大丈夫です。見番では破格の月謝でお稽古の機会を提供してくれています。現役の芸妓さんも日々お稽古されて芸に磨きをかけています。

洋服しか持っていないのですが、自分で着物を買わないと駄目ですか?
着物をお持ちでない方には榮家から着物をお貸しします。まずは早い時期に足袋や肌着だけでも買い揃えられると良いでしょう。

芸妓に身長や体重などの条件はありますか?
特にありません。最近の若い芸妓さんには背の高い方もおられます。お貸しできる着物のサイズなどもありますので、気になる方は榮家へご相談ください。

ヘアスタイルや髪の色などの条件はありますか?
気になる方は榮家へご相談ください。

昼間は会社勤めをしているので、とりあえず夜のアルバイトとして芸妓をしたいのですが・・・
アルバイトで芸妓をされる方もおられます。アルバイト芸妓は「かもめさん」と呼ばれています。アルバイト希望も榮家へご相談ください。

その他芸妓応募に関するご質問などありましたら、お問い合わせフォーム からお送りください。